FC2ブログ

翻訳ビジネス

こんにちは、店長のつぼいです。

中国市場が熱いことは言われて久しいですが、実際にそれをどう商売に結び付けるかは

なかなか難しいところがあります。

たとえば、どんなに良い商品を中国から仕入れてきたとしても、

そのままでは売れるものではありません。

個人的に気になるのは、中国語(または英語)で書かれた説明書の存在です。

自分が購入する側になってみれば、これほど不親切なものもないものです。

たとえば、簡易的な日本語の説明書を添付するだけでも随分印象は違うのではないかと思います。

そうした細かな営業努力が、売り上げを伸ばすためには必要なことなのです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)